猫の縦隔型リンパ腫

猫白血病ウイルス(FeLV)の感染が関与し、FeLV陽性の若齢の猫に発症することが多いと言われています。
元気消失、食欲・体重の低下、嘔吐、下痢が見られます。胸水が溜まると咳、呼吸困難、チアノーゼなどの呼吸
器症状が見られます。

治療は抗癌剤を用いた化学療法が行われます。胸水が溜まって呼吸困難の場合は、胸水を抜去します。
予防としては、発症に関与するFeLVに感染しないようにワクチン接種を行い、室内飼いにして、感染の可能性を
できるだけ減らすことが重要です。