新着情報・ブログ

FIP治療中のモカちゃん

こんにちは!

今回は、FIPと診断され、84日間の投薬を無事終了した猫ちゃんをご紹介します。

 

マンチカンとラグドールのmixのモカちゃんです。

近医にてFIPと診断を受け、当院を受診されました。

 

【主訴】

食欲の軽度低下、発熱(40℃)、ふらつき

 

【検査結果】

  • 血液検査:貧血HCT19%(正常時HCT30%以上)、高タンパク血症、蛋白分画の異常
  • 超音波検査:腹腔内リンパ節の腫大、腹水の貯留

腹腔内のリンパ節の猫コロナウイルス 遺伝子検査においてFIPと診断

【診断】

FIP混合型 後期

 

【治療】

検査結果からFIPを強く疑い、治療をスタート

投薬7日目、食欲・元気100%

投薬14日目、貧血はHCT27.4%まで改善、腹水は消失した

投薬30日目、貧血・高タンパク血症改善、腹腔内リンパ節は縮小し
正常の大きさになった

 

MUTIANの副作用により、折れ耳になり、口周りの毛も薄くなりましたが、これらの副作用は投薬終了後数週間で元に戻ってきます。

体重も増え、お腹いっぱいご飯を食べられる様になりました!